« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月の14件の記事

2018年1月31日 (水)

今週のお昼

毎日寒いので

人力うどんです

唐揚げゴホウ天セット

Img_1133

メンチセット ワカメ入りImg_1130

普通のメンチセット

Img_1093

明日は牧のうどんへ行く予定(^^)/

今週は毎日うどんに挑戦

2018年1月29日 (月)

今週の名言

Img_0859_2

今週の名言

人に長たる者は、孤独寂寥に耐えねばならぬ

森信三(教育者/哲学者)

**********************************

一つの例ですが

上司が上に上がれば上がるほど

こちらは何も変わらない態度をしていても

部下は距離をおくようになる

昔は部下の方から気軽に飲みに行きましょうか?

とありましたが

今はこちらから誘わないと・・・・・

2018年1月26日 (金)

大寒の卵

1月20日 大寒の日に生まれた卵

風水でその卵を食べると金運が上がる

糸島に買いに行き、ついでに食べました(^^)/

Img_0989

Bbcfeb8ffcc349f697afeddc31a30c46

Img_0990

Img_0991

Img_0992

Img_1025

Img_1026

ネット記事より
大寒の卵とは大寒の日に産まれたのこと。

2018年でいうと1月20日に産まれたが、

「2018年大寒の卵」になります。

昔から「金運や健康運を呼び込む」と言い伝えられ、

最近では贈答用としても人気を集める大寒の卵

寒い時期だからこそ、滋養も豊富で味も濃厚

2018年1月25日 (木)

気になる芸能人

いいね(^^)/

私が気になる芸能人

7b9b4bc35e1645bda9cf3422463ca132

2018年1月24日 (水)

名言

【今日の言葉】

ジャパネットたかた創業者・高田明氏

(神田)
高田社長は「伝える」ということに関して、
どんなことを大事にされていますか?

(高田)
やっぱり情熱、パッションが要りますね。
それなくして絶対に伝わらないです。
伝える時には非言語の目が喋り、表情が喋り、
手が喋り、指が喋り、全身が喋る。
そして、情熱を持って語り続ける。
これが一番大事な部分じゃないかなと思います。
 
だから、企業経営においても、
トップは常に情熱を持って夢を語らなきゃいけない。
ところがいま、AIとかIoTとかビッグデータが発達してきて、
効率の部分がどんどん求められるようになってきています。
これも非常に大事なんでしょうけれども、
そういうものに頼り過ぎると、人間本来の持つパワーとか
情熱が落ちてしまうような気がするんです。
 
最近の子供たちは1日4時間、
5時間とスマートフォンをいじっている。
すごくいい面もあると思いますが、
弱くしている面もあるじゃないですか。
本来人間は言葉を発し…

2018年1月22日 (月)

名言

111_2

2018年1月16日 (火)

星乃珈琲

星乃珈琲 二又瀬店に

久しぶりの再訪問

D9e7fa57a9d64daf9f04e6f57e34803a

店内はいい感じ

Img_0773

紅茶とパンケーキ合いますね(*^^)v

Img_0781

Img_0785

Img_0786

前回のブログです

http://yamayama.blog.bbiq.jp/blog/2015/04/post-965a.html

2018年1月15日 (月)

名言

Img_0860

2018年1月10日 (水)

どんめん

久しぶりに どんめん

美味しい

Img_0844_2

峰松本家 本店へ行きました

福岡市博多区立花寺1丁目9-34

Img_0845

Img_0847

玉子丼も美味しい

Img_0843

前回のブログです

 http://yamayama.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-46d5.html

2018年1月 9日 (火)

今週の名言

『致知』「闘魂」
「特集総リード」より

闘魂とは自分との闘いに勝つということである。

この世に生きるすべての人に不可欠な資質である。

事実、一道を極めた人は一様に闘魂の大事さを説いている。

独特の風貌と棋風で一世を風靡した将棋の名人、升田幸三は言う。

「勝負師にとって、闘魂は無論必要だが、

それは相手と対立する敵愾心であってはならない。

闘魂は外よりむしろ内に向けられるべきであり、邪念雑念を排して、

我と我が心の闘いに勝つことである」
 
そして、こう付け加える。

「従って、真の闘魂とは一朝一夕に生まれてくるものではない。

苦しい下積みが長ければ長いほど、一層深く張るものである」

107歳まで人生を謳歌した。

「しいのみ学園」創設者の曻地三郎さんは

「人生は自分との闘いである」を信条とし、こう言っていた。

「自分の怠け心に打ち勝って自分の目標に向かわなくては、

生きがいなんて見出せません。

百年も生きておれば苦しいこと悲しいことがしょっちゅうあります。

そんなことにいちいち挫けるようじゃだめです。

試練に打ち勝って常に前進していく。それが私の人生哲学」
 
100年にわたり人生と闘ってきた人の静かな闘魂には、

人を鼓舞せずにはおかない力がある。

2018年1月 5日 (金)

仕事始め

今年も仕事始めに

まず住吉神社へ参拝しました

社員の健康と会社の商売繁盛祈願へ

Img_0809

Img_0808

Img_0807

多かったですね(寒かった・・・毎年)

今年もお知り合いの会社社長と遭遇(^^)/

今年もよろしくお願いします

2018年1月 4日 (木)

今日の言葉

人生の再出発

失敗の日は、人生にとってはむしろ成功の日よりも

もっと重大な意味のある日である。

それは人生の再出発の日であり、

人生にほのぼのとした味と深さを与えるからである。

一度や二度の失敗にはへこたれず、

その日を人生の再出発の記念日としてがんばろう。

楽しいではないか
****************************************
平澤 興(ひらさわ こう、1900年(明治33年)10月5日 - 1989年(平成元年)6月17日)

日本の医学者。新潟県出身。専門は脳神経解剖学。

京都大学教授、京都大学第16代総長

2018年1月 1日 (月)

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました

今年もよろしくお願いします。

Img_0767

Img_0770

我が家でおせち料理を食べました

今年は東京から息子も帰郷しています(*^^)v

Img_0756

Img_0763

Img_0747

Img_0765

Img_0766

Img_0764